自転車の運転姿勢でフィットネス効果アップ!

楽しむ自転車

自転車に乗っているとウォーキングよりも効果的なフィットネス、ダイエット効果があるといわれますが、それはあくまでもよりよい乗車姿勢が必要だと思います。

今までは意識しなかったのですが、自転車のタイプによってその乗車姿勢は大きく変わります。ママチャリに乗っている姿勢とロードバイクやクロスバイクなどのスポーツタイプの自転車での姿勢を見てみましょう。

買い物や近距離の移動によく使われるママチャリの乗車姿勢はこのような感じです。

ママチャリの背筋、サドルに体重がかかりますね

スポーツタイプのロードバイクの乗車姿勢はあきらかにママチャリとは違います。この姿勢によって風の抵抗を少なくして、速く遠くまで走行するための姿勢といえます。

ロードバイクの姿勢、体重が分散され、風の抵抗も少ない

かなり人気のあるクロスバイクは、ロードバイクほどの前傾姿勢ではないので、乗りやすい乗車姿勢といえます。ママチャリほど、背筋が垂直ではないので、体重は分散されているといえます。

ママチャリとロードバイクの中間

すぐに見てわかるのが、地面に対する背筋の傾きです。

ママチャリではほぼ垂直、スポーツタイプの自転車ではかなりの前傾姿勢になります。つまり、ママチャリではサドルにどっしりと座る感じになるのです。

ロードバイクではその形状から、ママチャリのような姿勢になることはないと思いますが、クロスバイクではありえる…。

地面に対して垂直に近いママチャリスタイル

サドルを低くして、ハンドル位置が高い状態になっていると、その運転姿勢はママチャリ状態になりますね。運転中に、自分の背筋の角度を意識すると、スポーツタイプ状態なのかママチャリ状態なのかがわかります。

クロスバイクで背筋を地面に対して垂直に近づけると、お尻が痛くなりやすいと思います。そのため、クッション性のある分厚いタイプのサドルにかえることで対応するでしょう。せっかくのクロスバイクなので、できれば薄いスマートなサドルがいいと思います。

クッション性はあるものの薄めのスマートサドルでお尻の痛みを避けるには?サドル位置を高くして、できるだけ前傾姿勢にしてしまうことです。

ハンドルやペダルで体重を支えることになり、そのぶん、腕や腹筋、脚に負荷がかかるわけです。自転車でフィットネスやダイエット効果をゲットするには、負荷をかけることを意識したほうがイイですね。

ただし、腕をまっすぐに伸ばした状態だと、タイヤの振動が腕を通して体に直接、伝わってしまいます。首筋や肩への衝撃が強くなるどころか、脳にまで必要のない振動を加えることになると思います。

ハンドルに伸びる腕は、軽く曲げるようにして、振動をなくすようにしたほうがいいでしょう。その状態では、腹筋や足腰に体重がかかるようになりますので、よりフィットネスやダイエット効果を期待できます。

背筋と腕の角度がポイント

前傾姿勢になれると自転車の操作性や風の抵抗が減ることでスピードも上がりやすくなります。長距離の走行で有酸素運動の効果も期待できるはずです。

ママチャリの有利なところは、手軽に買い物などの移動に使えるところです。ちょっとした移動のために前傾姿勢をとるのは大変です。使い分けが必要かもしれませんね。

やはり、フィットネスやダイエット効果を求めるのであれば、スポーツタイプの自転車、ガチガチのロードバイクでいくのか、買い物などでも使うクロスバイクでいくのかと悩んでしまいそうです。

私は自転車に対する知識もあまりないままクロスバイクを購入しました。ある程度、カスタマイズによって前傾姿勢になるように調整して、フィットネス効果をあげるようにしています。

自分が黒須バイクに乗るようになって、ほかの人の自転車を意識して見るようになっています。クロスバイクなのに、サドルを低くして、ハンドルを高めにしている自転車を見ることも多いです。

ゆったりと短距離移動を目的としているなら、まったく問題ないと思います。でも、もしそれによってお尻の痛みを感じていたり、フィットネス、ダイエット効果をあげたい場合は、サドルを高めにすることをオススメします。

前傾姿勢だからといって、ハンドルに全体重をかけるわけにはいきません。自然と腹筋や脚の筋肉で支えることになります。その状況で自転車を楽しみ続けるだけで、カラダへの負荷がかかり続けます。

自転車でフィットネスやダイエットをするなら、サドルの高さ調整が簡単です。ぜひ、お試しあれ。ただし、サドルをあまりにも高くしすぎると、停車時に地面に足がつかなくなります。私は信号待ちなどの停車時は、サドルからおりてトップチューブのうえにまたがる姿勢を取ります。この姿勢が定着するまでは、何度もコケそうになりました。

逆にいうと、足がつかない状態のサドル位置でも、停車時にはコケない方法があるということです。慣れないうちは、気をつけなければなりません。フィットネスやダイエットの前に安全性が最重要です。

論外…

サドルの高さを調整する方法以外にもハンドルの高さを低くする手もありますが、これはまだチャレンジしたことがありません。ステムのしくみを理解していこうと思います。また、ステムについてご報告できるようガンバります!

自転車で鍛えられる筋肉を説明した記事もあります。ご興味のある方は下記リンクよりご覧くださいね。

NIRAI-STYLEs 自転車で鍛えられる筋肉でダイエット、フィットネス効果

NIRAI-STYLEs 自転車で健康になれる?自転車の健康効果

NIRAI-STYLEs 自転車の乗り方で変わるフィットネスやダイエット効果

ご訪問、ありがとうございます。クロスバイクでフィットネスやダイエットを目指す人が増えていると感じます。ちょっとした工夫で、その効果アップが期待できます。さらに、運転中の姿勢がカッコええと自画自賛できるかも。

運転中に自分の乗車姿勢を見ようと、ショーウィンドウをチラチラ…これによって何度も危ない目にあっています。みなさんは、そんなことにならないように気をつけてくださいね。

NIRAI-STYLEs サイトマップ

タイトルとURLをコピーしました