自転車の塗装ハゲに99工房のタッチアップペン

メンテナンス

ただでさえ安いルック車で、輸送中にトップチューブに塗装ハゲができているということで、さらに割引特価で出会ったクロスバイク。自転車初心者としては、しっかりと走ってくれればいいと購入しました。

さあ、その塗装ハゲは車用のタッチアップペンというペンタイプのペンキで補修できます。ただ、その塗装の色あわせで困った経験とその対処方法をを紹介します。

私のクロスバイクは、本体の色が白です。白や黒なら塗装ハゲを補修するペンキの色は簡単…。

できれば、簡単に塗れるタッチアップペン、正式にはタッチアップペイントというそうですが、タッチアップペンと書いていきますね。ホームセンターに行くと、白の種類が多すぎでどの白かわかりません。

車やバイクによく使われる99シリーズ、99工房のタッチアップペンは、車のメーカー別でさらに車種別で白の色を提供しています。

白にも種類が多すぎで、自転車の白にあうものがわからない。そこで、あいまいなイメージで購入しました。まったく違う…。自転車愛はあきらめません。どうにか塗装ハゲを修復したいのです。

白にもいろいろあるんです

自転車を99工房のタッチアップペン売り場まで持っていって、色を合わせることができればいいのですが、そんなことはできません。

さて、どうやって自転車の色を探し出すのかという方法を見つけ出しました。その方法で塗装ハゲの修復を完了しました。プロじゃないので完璧とはいきませんが、納得できる仕上がりになりました。

自転車に乗っていると、小石などで傷がついてしまうこともあります。でも、塗装ハゲに対するペンキを準備していれば心配はいらなくなりますね。

私は白と黒のタッチアップペンを準備しました。

黒はそこまで気を使わなくてもいいのかなというのが実感です。色というよりもツヤが強いのか弱いのかくらいでタッチアップペンの色を決めました。さほど違和感はありませんでした。黒の使いみちは、スポークの塗装ハゲへの修復です。

問題は白の色選び。一本目のタッチアップペンは見事に失敗。自分の自転車の白より黄色みがかった白を購入。ホームセンターで自分の自転車の色を思い出して選んだのですが、人間の思い込みってあてにならないものです。

人間の目でだめなら、カメラを使えばいいじゃないか!

ここまでする必要はないかも…

でも、スマホの写真で撮った色は光の強さや色合いで変わってしまいます。そこで、ホームセンターのタッチアップペン売り場の明るさを感覚で見てみましょう、その後に、自転車をその明るさに近いだろうという場所に移動させ撮影しました。

まぁまぁ成功!完璧ではないのですが、一見して塗装ハゲだとは気づかないかなというレベルで完成。適当にイメージだけでタッチアップペンの色を選ぶより、より近い色合わせができると思います。

実際に自転車に塗るときは、その部分をキレイにしてから塗りました。さらにベットリと塗るのではなく、少なめに薄っすらと塗り、乾いてからさらに薄っすらと塗り重ねるといい感じです。

ペンキなどを塗る経験はないのですが、少しずつ丁寧に素早く、重ねて塗るという感覚でやってみるとうまくいきました。

2本目で自転車の色に出会えました!

塗装ハゲを放置すると、見ためはもちろん、サビなどにつながるかもしれません。傷ついたら、直してやるという自転車愛をもつと、愛車はよりよい状態で維持できると思います。

写真のsoft99タッチアップペンの詳細はこちら、ご自身の自転車に合う色を選んでくださいね。

99工房のタッチアップペン、自分の自転車にあう色を選べるのかが大切だと思います。自転車レベルであれば、大量に使うこともありませんので、コスパとしても問題ないですね。

ご訪問、ありがとうございます。乗っているうちに傷がついてしまう自転車。その傷も味わいのひとつかもしれませんが、自分で修復する習慣があれば、長持ちしますし、より愛着もましてきます。

NIRAI-STYLEs サイトマップ

タイトルとURLをコピーしました