自転車のフロントバッグレビュー

楽しむ自転車

サイクリングや通勤通学で自転車を楽しむ上で、携帯したほうがいいと思う持ち物がどんどん増えてきました。財布はスマホでの電子マネー導入で持たなくてもすむようになりました。それでも持ち物はいっぱい。

スマホ、タイヤのパンク修理キット、交換用チューブ、工具類、プロテインバー、塩分補給用のタブレット…

これらをリュックサックに入れて自転車に乗っていると、さすがに肩がこってきてしまいます。まぁ、これもフィットネスのひとつとして考えられなくもない。でも、重い…。

これらの持ち物の中で特に重いのが工具類。携帯用の工具とはいえ、丈夫な金属でできています。レンチも同じです。

重すぎてこんなんなっちまうわー

工具類とパンク修理キットの使用頻度はかなり少ないとはいえ、持たずに長距離を走行するなんて考えられません。以前は水筒や携帯用空気入れまで持っていたので、かなりの重量でした。そこで水筒や空気入れは、自転車本体に装着することでかなり楽になりました。

ってことは!工具類も自転車に持ってもらおう!

さあ、自転車につけるバッグでいいものはないかと検索し、見つけました。サドル下につける、細身のサドルバッグがイイ!さらにフロントバッグ、つまりハンドルの前につけるタイプもイイ!

どちらにしようかと考えた結果、フロントバッグにしました。選択ポイントは、自転車から長時間離れるときには、バッグを外して持運ぼうと考えたからです。

スマートな自転車用フロントバッグ

自転車での走行中に便利なのはサドルバッグです。サドル下なので、目に入ることもなくスムーズな運転ができます。でも、それを外して持ち歩くようなスタイルではありません。サドルバッグをつけている自転車では、そのまま自転車につけっぱなしにしていることが多いようです。

個人的には外して持ち運ぶことが多いと想定して、ミニバッグの形状をしたフロントバッグを購入しました。

大正解!

といいたいところなのですが、ハンドルを短くカットしたので、ハンドルの前につけるにはブレーキがじゃま…。無理やりつけてみたのですが、私のクロスバイクではハンドルの前につけるとなんとなく目ざわり…。走行中にどうしても目に入ってしまうのです。

それなら、そのフロントバッグをサドル下に固定してやればいいじゃないかと試してみました。

今度こそ、大正解!

走行中に足にかかるようなこともなく、しっかり固定されていますのでまったく問題なし。一般的なサドルバッグの形状ではないので、なんとなくカッコええ(自己満足)。実際に外して持ち運ぶ場合も小さめのバッグという感じで問題ないです。

自転車から離れるときに便利ッス!

自転車に乗るとき、緊急用の工具類は持っていると安心、でも持ち物を軽くしたいという人にサドルバッグやフロントバッグはオススメです。その用途にしているあわせて、選ぶとイイですね。

写真のフロントバッグ詳細はこちら

もし、サドルバッグとフロントバッグの両方をつけると、自転車の積載量が増えて便利になりそうです。

ただし、ハンドルにつけるフロントバッグにあまりにも多くの荷物をつめこむと、その重みでハンドル操作性が悪くなる可能性もあります。

便利さよりも安全性を優先しなければなりませんので、持ち物のの重さを目安にして、サドルバッグかフロントバッグを選ぶことも大切です。

ご訪問、ありがとうございます。自転車のアイテムが増えてきて、より快適な自転車ライフを楽しめています。ちょっとした工夫を試しながら、自分だけの大切な存在になっていく自転車の姿が最高です。

NIRAI-STYLEs サイトマップ

タイトルとURLをコピーしました