フィニッシュライン(FINISH LINE) セラミック ワックス ルーブを使ってみた

メンテナンス

自転車を楽しむうえで、大切なメンテナンスとしてあげられるのはチェーンへの注油です。チェーンのサビやすさ防止もありますが、やはり走行する上でのペダリングをスムーズにすることやギアチェンジをスムーズにすることです。

チェーンはペダリングで加えられた力をタイヤに伝達するために、走行中に大きな負担がかかります。その負担自転車に対して、注油をしない場合は強い摩擦によってチェーンやギアが傷んでしまいます。

自転車に注油するオイルにはいろいろなタイプがあります。ミシン油でも問題はないという専門家もいます。かなり多いのはKURE556やWD40あたりでしょう。

ホームセンターなどで手に入りやすく、比較的安価なので便利なアイテムといえます。自転車だけではなく、潤滑油としてさまざまな用途で利用できます。

自転車愛が芽生えた私は、やはり自転車専用のオイルが気になるのです。愛するものの喜びは私の喜び…

値段と使いやすさ、そしてその効果を比較して選んだのがフィニッシュライン(FINISH LINE) セラミック ワックス ルーブです。かなり長い名前ですね。このオイルはdry系タイプでサラサラしているのが特徴です。

セラミックワックスルーブでスムーズな走行性

オイルには大きく分けるとdry系とwet系となります。dry系はサラサラしているため、チェーンが汚れにくいというメリットがありますが、そのぶんチェーンへの注油効果は長持ちしないというデメリットにつながります。

wet系は注油効果が長持ちしやすいというメリットとともにベタベタ感が強いため、ホコリやゴミが付着しやすいというデメリット感あります。

自転車でかなり汚れやすく、そうじには手間のかかる場所はチェーンです。できるだけキレイに維持したい、さらに、スムーズな走行を楽しみたい、さらに自転車の喜びを感じたい…

これらのことを考えて選んだのがフィニッシュライン(FINISH LINE) セラミック ワックス ルーブです。自転車乗りの人なら、知らない人はいないというメーカーだそうです。

FINISH LINEのチェーンオイルラインナップ

早速、注文しました。届いたら、まずはチェーンをキレイにします。これまでに注油してきた油分と汚れをキレイに落とします。チェーンクリーナーがあれば手軽にできます。いや〜、キレイにしているつもりでも専用クリーナーを使うとその汚れに驚きます。

そして、いよいよ注油。ところがキャップが開かない…。フィニッシュライン(FINISH LINE)の特徴として子どもの誤飲防止やキャップの人ならゆるみによるこぼれをも防ぐ目的で、キャップ〜設計されています。

う〜ん、このメーカーの姿勢が素晴らしい!キャップは軽く押しながら回すことによってあきます。ふつうのペットボトルキャップのように回しても、空回りするだけです。

さあ、いよいよ注油です。チェーンの一コマ一コマに一滴ずつ垂らしていきます。使用前にしっかりと振ってから使います。ボトルの下に白いセラミックの粒子がたまっているので、それを混ぜる感じです。

とてもサラサラしていて、オイル感がまったくありません。潤滑のための成分はセラミックがその役割をになうようです。

スムーズなギアチェンジに感動です

チェーンのすべてのコマ一つずつていねいに セラミック ワックス ルーブをたらし終わって、ペダルを手で回しながらギアチェンジをしていきます。いやいやスムーズ!ペダルを手で回しただけでわかるスムーズさを感じ、感動です。

チェーンに注油するポイントは、チェーンの外側ではなく、中の回転するコマに注油するということです。外側に油がついてしまうと、ホコリや汚れが付着しやすくなるだけで、走行性がよくなるものでもないのです。

一コマずつって面倒だと思うかもしれませんが、それほど時間がかかるものでもありません。もちろん、時間がない場合は、ペーパータオルなどにオイルを染み込ませて、チェーンにまんべんなく塗ることもありますが、後々の汚れを考えると、やはり、一コマずつたらしていくほうがイイですね。

チェーンのベタベタ感もなく、汚れにくいというのも納得です。これはこれからも使い続けていこうと思いました。

ただ、やはりdry系の特徴でもあるのですが、こまめに注油をしなければならないようです。100km前後の走行で注油するべきかなというペダルとギアの感触になります。まあ、チェーンのも汚れにくさと、スムーズな走行性を手に入れられるので良しとしましょう。

ただ、雨には弱いようです。私は雨降りには自転車に乗りませんのであまり気にならないのですが、サラサラしたタイプのdry系オイルは、その性質上雨で流れてしまうため、雨後の注油が必要なようです。

個人的にはフィニッシュライン(FINISH LINE) セラミック ワックス ルーブ、お気に入りのチェーンオイルです。

写真のFINISH LINEセラミック ワックス ルーブ詳細はこちら

ご訪問、ありがとうございます。自転車のチェーンを見れば、持ち主の自転車愛が見えてきます。見た目だけではなく、走行性能にかかわってきますので、チェーンオイル選びって大切なメンテナンスの方法です。

NIRAI-STYLEs サイトマップ

タイトルとURLをコピーしました