自転車でお尻が痛い

カスタマイズ

自転車に乗りはじめると、その爽快感がたまりません。でも、いろいろと悩みもでてきます。

どうしたらお尻の痛みを防止できるんや?

一般的によくいわれるのが、お尻の痛み。

私もやはり自転車に乗って3〜5kmあたりでお尻が痛くなるという悩みとの戦いがはじまりました。

自転車に乗って遠くまで行きたい、でも、お尻が痛くなって帰れなくなったらどうしよう…

我が家の自転車、サドル柔かいようだけど…

そこでサドルの交換を考えたのです。直接、お尻をのっけることを考えると、クッション性の高いサドルであれば、痛みを防止てきるはず…

正解!

わたしの住む沖縄では、自転車のサドルを購入したくても、品揃えの多いショップがありません。

そんなとき、便利なのがネットショップです。もう、選び放題。

ネットショップでサドルさがしです

クッション性があって、しかも見た目が、厚ぼったくなくて、安いサドルという、わがままな私を満足させてくれるサドルと出会いました!

購入した自転車にもともとついていたサドルよりスマートで、しかも、しなりやすい感じで、お尻への負担が軽くなりました。

スマートでお尻に優しいサドル

自転車本体の色にあわせて、白を選びました。色の種類も多いので、好きな色選びを楽しめます。

色が選べて楽しいですね

写真のサドル詳細はこちら

実はサドルを購入するのは3つ目。いわゆるサドル沼にハマりそうなところだったのです。

1つ目、2つ目ともに、多少はお尻の痛みが軽減されたものの、劇的な変化ではなかったのです。

サドルの交換ではなかなかお尻の痛みを解決できないのかと、乗り方を変えてみました。

いろいろ試してみるのも楽しいです

サドルの高さを高くしたのです。

ペダルに足をつけて、下に回したときに膝がほとんどまっすぐにのびるところまで高くしたのです。

すると、自転車の乗車姿勢が前傾しますので、体重がサドルとハンドルに分散。

さらに、ママチャリのようにどっしりとサドルに座るのではなく、ハンドルとペダルに体重をかけることを意識すると、お尻の痛みはかなり防止できました!

お尻、痛くなーい!

ただ、サドルをそこまで高くすると、自転車の停車時にサドルに座っていると地面に足がつきません。

そのままではコケます…

停車時は、サドルから降りて前のトップチューブ(サドルとハンドルをつなぐパイプの部分)にまたがるようにすればコケないと気づきました。

3つ目のサドルのしなり、自転車の乗車姿勢で自転車に乗るときのお尻の痛みを防止することに成功!

さらに、乗車姿勢も前傾気味になり、ペダルもこぎやすくなり、いいことずくめの結果となりました。

よりよい自転車ライフはお尻から!

サドル沼にはまらないように気をつけましょう。でも、クッション性はとくにいらなくなったので、見た目がよりカッコいいサドルを探してしまいます…

これがサドル沼?

ご訪問にありがとうございます。自転車に乗って遠くまで行きたい、でも、お尻が痛くなるという悩みをもつ場合、試してみる価値ありです!

NIRAI-STYLEs サイトマップ

タイトルとURLをコピーしました