プレクサスで自転車を磨く

メンテナンス

サイクリングなどを楽しんだあと、自転車は道路からまきあげられた砂、ブレーキダストなどでかなり汚れてしまいます。私のクロスバイクは白なので、よりその汚れが目立ちます。

帰宅後のルーティンとして、ふき取る作業をするのが自転車愛。カー用品店などで売られているフクピカは、車体のふき取りに便利なのですが、汚れ落としと同時に、コーティング効果があるというプレクサスをためしてみました。

プレクサスは缶スプレーの形状で、Plexusと書かれた黒と青を基調とした見た目です。ドン・キホーテで取り扱っていますが、ふつうのホームセンターなどではあまり目にすることはできません。

プレクサスは戦闘機や航空機のプラスチック部分を洗浄と保護を目的にアメリカで開発された専用ケミカルです。プラスチックに無害な成分で、自動車、バイク、家電などで使える汎用性の高い製品です。

私がプレクサスを初めて使ったのは、原付バイク磨き。バリアスコートなど、有名な清掃、コーティング剤もありますが、結構高い…。手軽に使うにはコスパを意識しなければ、気軽に使えませんね。そこで出会ったのがプレクサス、出会ったというより、得意技の検索…

バイクも自転車もプレクサスが便利!

バイクの本体ってプラスチックでできています。マイクロファイバークロスにプレクサスをかけてふき取るだけ。多少の汚れであれば、洗車もせずに使っています。

汚れを拭き取りつつ細かい擦り傷などをうめて、コーティングが同時にできて便利、タイヤのホイールや金属の塗装部分にも使っていました。便利で楽にピカピカ!

自転車でも使えるのではないかとプレクサスを試してみました。自転車に乗ったあと、毎回、水をかけて洗車するのは面倒です。自転車をキレイにしたいのですが、水をあまり使うとサビの心配も出てきます。

キッチンペーパーにプレクサスを吹き付けて、本体の汚れを拭き取ります。力を入れてこすると砂利などで塗装を傷つけてしまうので、優しくふき取る感じです。

ブレーキダストなどで汚れたタイヤまわりもあっという間にピカピカです。

ピカピカな自転車はフィットネス効果アップです

水を使った洗車なしで、拭いて終了。自転車の本体だけでなく、タイヤのスポークも一本ずつ拭き取ります。

すぐにキッチンペーパーは真っ黒…、そんなもので拭き続けると逆に汚れますので、新しいキッチンペーパーを使ったほうがイイです。

マイクロファイバークロスなどの布を使うと、使用後にそれを洗わなければなりません。プレクサスは汚れを簡単に落としてくれるため、タオルなどはすぐに真っ黒になります。

特にスポークの拭き取りでは、再使用不能じゃないかというレベルで真っ黒になります。自転車を磨き上げる自転車愛はありますが、タオル愛は持っていません。キッチンペーパーがオススメです。

プレクサスは汚れを簡単に拭き取れるだけでなく、コーティング効果もあります。すべるとまずいブレーキまわり、サドル、ペダルには使っていません。

自転車のグリップをカスタマイズして、自転車の色に合わせた白いタイプにかえています。白は汚れが目だってくれるので、汚れた部分はプレクサスを少し使い、キッチンペーパーでこするとキレイになりました。

写真のプレクサス詳細はこちら

あんたの自転車、キレイやん

ただ、グリップなのですべりやすくなると都合が悪いので、グリップの汚れには新たな方法を探していきます。いい方法があれば紹介しますね。

ご訪問、ありがとうございます。自転車は乗って楽しむだけでなく、キレイにしたりメンテナンスをしたりという楽しさがあります。

時間を忘れて没頭しすぎると、家族サービスの時間が少なくなってしまうかも…。快適な自転車タイムと、快適な家族タイムを両立していきましょう!

NIRAI-STYLEs サイトマップ

タイトルとURLをコピーしました