自転車のブレーキレバーとギアのレバー傾き

カスタマイズ

フィットネスを意識した自転車、さまざまな問題点を解決していくと、今度は見た目のカッコよさやより効率的に運転できるカスタマイズへと向かいます。

コレって、私だけなのかなぁ…まあ、自分だけだとしても楽しんでいきますよォ!

今回の話題として、ハンドルのブレーキレバーやギアチェンジニ連堂して、ギアレバーの傾きに注目してみます。ハンドルといえば、グリップ交換がカスタマイズの人気メニュー。もちろん、グリップは交換済み。ついでにハンドルカットにもチャレンジしています

グリップ交換→こちら

ハンドルカット→こちら

ハンドル周りのカスタマイズをしていると、ブレーキレバーやギアレバーが簡単に位置や傾きの変更ができることに気づきます。使う道具はドライバーか六角レンチ。

簡単に位置を変えられるんだねェ

簡単に傾きの変更ができます。地面に対して平行に近くなれば、スポーティな感じになるかもしれない…まずはやってみるということで、サイクリング前に試してみました。

カスタマイズのポイントは、実際にやってみたあとに、自転車に乗ってみて、検証することが楽しすぎます。ブレーキレバーやギアレバーを地面に対して平行にすることで、そのスピード感で、より運転しやすい状況になることが目的。

チャレンジカスタマイズでは、成功したときのイメージを明確にすることが重要です。そのイメージとかけ離れている場合は、さらに仮説と検証を繰り返していくと、より自分好みの自転車として輝いてきます。

平行に近い、ブレーキレバーやギアレバー、見た目は個性的でスポーティな表情になりました。カッコええっす…

ただ、手のひらがしびれやすい感じ…グローブやカスタマイズグリップの効果が失われているような気がします。

なぜだ…

イメージと違う、しびれるっちゅうの

なぜだって思うことが大切だと思います。傾きを変えることによって、何が変化したのか…

見た目が好みのSTYLEになったと同時に、運転時の手首の傾きにも変化がおきていることに気づきました。手首が曲がってしまうことで血流が悪くなってしまい、手のひらがしびれる原因になっているのかもしれない。

長めの距離を自転車で楽しむには不都合です。見ためと使用感を考えると、やっぱりよりよい使用感が優先されます。安全性にも関わりますもん!

また、もとに戻しました。というより、調整を繰り返して、見た目を良くしつつ、手首への負担が少なくなる傾きを探し出したのです。

楽しすぎる!いろいろなチャレンジでよりよい自転車に変身していきます。こんなカスタマイズも自転車愛につながりますね。

快適すぎてはばたく…あぶねー

ちょっとしたカスタマイズが大きく使用感をより良くしてくれます。自転車って奥が深いです。

ご訪問、ありがとうございます。簡単に楽しめる自転車のカスタマイズ、より自分好みになっていくのです。自分の自転車がとても愛着のある存在に変わっていきますよ。ただ、安全性を優先することが重要なポイントだと思います。

NIRAI-STYLEs サイトマップ

タイトルとURLをコピーしました