レーサーパンツを買ってみた

楽しむ自転車

クロスバイクで30kmほどのサイクリングをしていても、お尻の痛みはほとんど感じなくなりました。サドルをしなりやすいのに、薄くてカッコええタイプに交換し、さらにサドルポストを高めに設定したおかげでしょう。

サドルとお尻の痛みについて→こちら

手首の痛みに対しても、グリップをやわらか目でエンドバーがついているタイプにかえて、サイクリング用のグローブまでそろえました。

グリップ交換について→こちら

30kmくらいのサイクリングでは、もう特に問題は起こりそうにありません。ここでひとまず満足と思いきや、今度は自転車に乗るときの服装などに気がいきます。

安全対策で自転車用のヘルメットもかぶります。これは、ふつうのT-シャツに短パンやジーンズというSTYLEからの卒業なんじゃないかなと思いました。

STYLEって大事ですね、やる気も上がります

さすがにコテコテのロードレーサーのSTYLEまではできません。シャキシャキと高速で自転車に乗るのではないので、あのピチピチ、カラフルな上下セットなんて合いませんネ。

フィットネス、ジョギング、ウォーキングで利用できそうなトレーニングウェアセットを格安で購入しちゃいましたよ。

ただ、そのウェアセット購入のときに目にした、七歩丈のレーサーパンツが気になりました。

インナーウェアとして、お尻にクッションのついたレーサーパンツはいいかもしれない!

自転車運転時のお尻の痛みは、ほぼ改善されたので、いらないといえば確かにいらない。でも、万が一、コケてお尻でも打ったらヤバいでしょと妻を説得しました。

そして、届いたレーサーパンツをはいてみたところ、いいんです。う〜ん、フィットという感じ。お尻の部分にかなり厚めのクッションが縫い付けられていて、お尻がアスリートっぽく、プリっとカッコええ!

オレンジ色のパッドは縫い付けられていました

これですよ、このフィット感とプリっと感!まさに自転車とともに、限界を追求するアスリートのエネルギーが湧き上がってくるような…

その姿をみた妻は一言…おむつ…

違う!アスリートのレーサーとなぜわからないんだ!しかも、レーサーパンツといわずに、モンキーパンツだなんて…

確かに、縫い付けられた厚めクッションの色は、あざやかなオレンジ色。見ようによっては、モンキーに見えなくもない…

が、それは洗濯のときにしか見えないんだよ!外から見たら、黒一色なので、アスリートやろォォ。叫んでも無駄か…

この叫びはとどかないんです…

レーサーパンツは、自転車に乗るときに、お尻の痛みを感じている人にとっては、かなり軽減してくれるアイテムだと思います。

写真のレーサーパンツ詳細はこちら

そうでない人にとっても、モチベーションアップにつながるのでお薦めです。ただ、利用後に洗濯をするのですが、クッションの厚さのせいか、すぐには乾かないというのが残念です。

ご訪問、ありがとうございます。自転車の悩みが解決したら、次の快適さを求めてしまいます。コレって自転車の乗りの方は、みなさんそうなんですかねェ…

NIRAI-STYLEs サイトマップ

タイトルとURLをコピーしました