沖縄の鮮魚たち 那覇市の第一牧志公設市場

SONY α6400

沖縄県那覇市にある第一牧志公設市場。その日に水あげされた色とりどりの鮮魚たちが並びます。

この第一牧志公設市場では魚介コーナーや食肉コーナーという感じで、通りで分けられています。お土産品を扱うお店もあって、見ていてとても楽しい場所です。

1Fは食材を多く扱っていて、2Fは食事のできる食堂といったつくり。県内の地元の人はもちろん、シーズンになると国内外の観光客も多いです。

沖縄の鮮魚たち、一見するとあまりにもカラフルすぎて美味しいのかどうかがよくわからないということを耳にします。

いや〜、沖縄出身の私としては写真に写っている鮮魚たちはすべて大好き。刺身、煮付け、マース煮(塩煮)、イユ汁(魚汁)…。

もう、どれにしても美味しい。そこにオリオンビールがあれば天にも昇る心地。

新鮮なので刺し身が良さそう!

この第一牧志公設市場では1Fが食材を売るお店、店主のオバちゃんたちとの会話も楽しいのですが、最近は中国などのアジア系の店員が増えている感じがします。

まあ、誰が売っていたとしても美味しいので問題なし。

1Fで食材を購入して、2Fの食堂などで調理してもらうということもできるようです。新鮮なものを新鮮なまま食べられるなんて、メッチャぜいたくかもしれませんが、これはいいシステムだと思います。観光客の人が鮮魚を購入してもどうしていいかわからないでしょうからね。

いや〜、お腹空いてきました。刺身が食べたいの〜🤤

NiraiStylesで掲載している写真を無料でダウンロードできるようになりました〜、ぜひ、遊びに来てくださいね~↓

写真素材ダウンロードサイト【写真AC】
タイトルとURLをコピーしました