生きるということ 沖縄の空と海が教えてくれたもの

SONY α6400

空と海を見ていて、ふと気づかされたことがあります。

風や潮流などで刻々とその表情をかえる空と海。とりまく環境に影響されながらも美しいままに生き続けています。

たとえどのようなことがあっても、その美しさと力強さは消えません。

抗うことなく、屈服せず。自分らしくあるがままに生きていくことの大切さを教えてもらいました。

知念岬公園駐車場から見えた空と海

いつもキレイな景色を撮影したいと動きまわっているのですが、この景色の前ではシャッターをきることを忘れて、しばらく眺めてしまいました。

なんだかキレイな写真を撮るために、キレイな景色を探している自分を見つめ直す機会をもらった気がします。

どんな景色だって様々な環境の影響を受けながらそこに存在します。抗わず、屈服せず。きれいなわけです。

そこには自分らしくという強さがあり、それを着飾ることなく、焦ることもなく、あきらめることもなく、日々、生きているのです。

撮影するとき感謝の気持ちでいっぱいになるという経験をもらいました。

のんびりと見ているだけで、いろいろと気づかされる場所です。

沖縄県南城市知念、知念岬公園の駐車場から見える景色です。

SONYのα6400、SEL16F28とウルトラワイドコンバータを使用しての撮影。

NiraiStylesで掲載している写真を無料でダウンロードできるようになりました〜、ぜひ、遊びに来てくださいね~↓

写真素材ダウンロードサイト【写真AC】
タイトルとURLをコピーしました