沖縄ブルーの楽しみ方 あざまサンサンビーチ

SONY α6400

沖縄の夏、海水浴を楽しむ観光客や地元の人でにぎわいます。以前は観光客と地元に人を見分けるのは簡単でした。

観光客はオシャレな水着を着て海水浴を楽しみますが、ウチナーンチュ(沖縄の人)は違います。

水着の上からTシャツを着る人が多かったのです。

沖縄の太陽はかなり陽射しが強くて、すぐに日焼けしてしまいます。日焼けを少しでもやわらげるためだと思うのですが、Tシャツを着ていれば、ウチナーンチュだなァなんて感じでした。

今ではラッシュガードというのが多いのかな。日焼け対策をしっかりとしているようです。

写真は沖縄県知念のあざまサンサンビーチ。SONYのミラーレス一眼レフカメラを手に入れてから、写真をよく撮りに行きます。

晴れた日にはけっこういい感じの写真が撮れます。

監視台とビーチ

沖縄の海、海水浴で楽しむのもいいのですが、歩きながら眺めているだけでも癒されます。カメラが好きな人は様々な海の表情も撮影できて楽しめます。

今回の写真は8月後半の沖縄、10月にはいってもまだまだ夏が続きます。

海水浴を楽しむ人々、沖縄ブルーを誰もいない監視台をアクセントにして切りとっています。

行くたびに雲の様子なども異なるので、撮影がとても楽しめます。

SONYのα6400というミラーレス一眼レフカメラ、SEL16F28とウルトラワイドコンバーターのレンズで撮影しています。

撮影後はスマホに転送して、スマホアプリのLightroom mobileで明るさや彩度などを調整して、そのまま投稿しています。

いや〜世の中、便利になったもんや~

NiraiStylesで掲載している写真を無料でダウンロードできるようになりました〜、ぜひ、遊びに来てくださいね~↓

写真素材ダウンロードサイト【写真AC】
タイトルとURLをコピーしました