一眼レフで撮る太陽光、光芒

SONY α6400

ひと休みする木かげノムコウ、沖縄の陽射しが輝いています。ふと、子どもの頃に遊びほうけて、疲れたときに一休みをしたシーンと重なります。

あの頃、太陽の光をどのように感じていたのかなぁ…未来とか夢とかではなかったような気がします。今も変わらず、あの頃と同じように輝いている太陽。

頭で考えるよりも、目の前のことを突っ走っていることが大切なのかもしれないなんて感じました。

瀬長島、木かげノムコウ

木かげノムコウは、ごく当たり前のように時間が進んでいます。光って、夢とか未来というとてもプラスなイメージなのですが、過去から未来へ向けて、何も変わらず、これからも何も変わらないまま、時間が過ぎていくということに気づいたような気がします。

先の夢や未来を意識しすぎて、疲れてしまうより、目の前のことを思いっきりやって見るということが大切なんじゃないのかなぁなんて考えてしまいました。

α6400、SEL16F28とウルトラワイドコンバーターという組合せで撮影しました。たいようの光芒をうまく表現できないかとLightroomで調整。難しいです😂

NiraiStylesで掲載している写真を無料でダウンロードできるようになりました〜、ぜひ、遊びに来てくださいね~↓

写真素材ダウンロードサイト【写真AC】
タイトルとURLをコピーしました