8月の沖縄、鉢植えのすだちや甘夏が育っています。

沖縄の植物

ホームセンターなどのガーデンセンターのそばを立ち寄ると、鉢植えの甘夏が育っています。その隣にはすだち。

甘夏の鉢植え

鉢植えのこのサイズでもしっかりと実がなることに驚きます。これなら、日当たりの良いベランダでもいけるんじゃないでしょうか。

すだちも鉢植えでしっかりと育っています。

シークワァーサーによく似たすだちを見るとあぁ、夏真っ盛りだなァなんて思ってしまいます。泡盛に入れるとうまいだろうな…。

沖縄のみかんといえばシークワァーサー。シークワァーサーはヒラミレモンといってすだちとは違うのかもしれません。シークワァーサーのほうがこぶりな気がします。

沖縄方言で「シー」は「酢」をあらわしていて、「クヮースン」という表現が「食わせる」の意味を持っています。「シークヮーサー」は「酢食わし」ということになります😆😆😆

刺し身などの料理に添えたり、泡盛に入れたりといろいろと使えます。

写真のすだち苗木の詳細はこちら

家ですだちを収穫できると、色々な使い方ができそうです。我が家では実家で収穫したシークワァーサーを冷たい水に絞って、シークワァーサー水を作ったりします。

夏の暑い日々、結構、美味いものです。

皮がデコボコしていて見た目はなんとも言えませんが、ビタミン補給に役立つという気がします。

写真のシークワァーサー苗木の詳細はこちら

NIRAI-STYLEs サイトマップ

ご訪問、ありがとうございます。沖縄の照りつける太陽のもとでは花は水分不足なのか暑いのかダランとしてしまっていることが多いようです。シークワァーサーやすだち、甘夏はメッチャ元気です🤤🤤🤤

タイトルとURLをコピーしました