新型コロナワクチン接種1回目 接種記録

新型コロナ関連

新型コロナワクチン接種1回目予約

2回のワクチン接種が必要とされる新型コロナ。最近のニュースでは3回目も必要があるような話題も出ています。

人によって異なる部分もあると思います。私の場合はこうでしたということで状況を記録しています。

接種券が郵送され、書類のQRコードをスマホで読み込み、希望日時と場所をを予約します。2回目が副反応が強そうなので、2回目の翌日、翌々日に仕事が休める時期を計算して1回目を予約しました。

1回目の接種で2回目が3週間後になるように設定。ファイザーは3週間後、モデルナは4週間後に2回目の接種です。私はファイザーで1回目は8/1の10:00、2回目は8/22日の10:00となります。

新型コロナワクチン1回目接種と反応

ワクチン接種当日

時系列でみる予約日当日8/1の流れは下記のとおりです。普段どおりの時間に起床し、パンとコーヒー牛乳で朝食。

前日は11:00頃、オリオンサザンスター500mlを2本。これもいつもの流れ。

9:50
入り口にて手指消毒と検温、36.7度。番号が配布され、該当する番号の椅子に着席。席は1mほど離された配置。すぐに担当者による予診票のチェック。ファイザーになるため、郵送された注意書きを読んだかどうかの確認と副反応がありえる旨の説明。その上で接種するかどうかの確認。

10:00
1番から5番が呼ばれる。私は12番。呼ばれたあとの空いた席はすぐに担当者により消毒される。

数分後、6番〜8番の呼び出し。待っている間がドキドキ。そして、9番〜11番。どんどん進みます。早い!心の準備が…

キタァー!

12番〜14番の方…

本人確認後、問診。本人確認は運転免許証を提示。すぐに医師による問診。体調、飲んでいる薬などを聞かれます。視力回復、ビタミン類などのサプリを飲んでいることを伝えましたが、問題なし。

質問はということで、当日、ビールを飲んでいいかということと、水分の量を質問しました。

飲酒は肝臓に負担がかかるため、当日はやめておいたほうがいいようです。水分は多めにとったほうがいいとのこと。

数分の問診後、ついに接種会場へ。

10:09
椅子に座り、左肩を出します。消毒アルコールのかぶれがないかどうかなどを確認され、ワクチン接種。消毒から接種まで10秒程度。チクッとしますよと言われましたが、何も感じません。

力を抜いてダランとしてくださいといわれ、ダランとしますが、さらに力を抜いてくださいと言います。これ以上、どうダランとすればいいんや…

顔までダランとさせてみせてOKになったかもしれません。

接種後、番号が書かれた注意書きが手渡され、10:24まで待機します。ここでも椅子は1mほど離して配置されています。

待っている間もこの記事を書くゆとりがあり、体調にはなんの変化もありません。

10:24
担当者が来て、体調確認と第2回の接種日を伝えられます。ちょうど3週間後、同じ時刻で日程が組まれました。

第2回の予診票と接種券をもらって完了です。

11:09

1時間が経過。水分を多めに飲んで状況を見ていますが、体にはなんの変化も感じません。

15:09

体調にまったく変化なし。GoProの撮影練習で1時間ほど散歩。帰ってからいつの間にか昼寝をしていました。

19:00

起きたらワクチン接種をした右肩の筋肉がちょっと痛い。沖縄の人ならわかるコンマーを入れられた感じ。(コンマー→げんこつを筋肉にくらうって感じw)

23:50

右肩の痛みが増してきましたが、痛み止めなどを飲む必要はないレベルです。

ワクチン接種後日の状況

ワクチン接種の翌日 9:50

右肩の筋肉痛のような痛みは当日の夜より増していますが、強めの筋トレによって軽く筋肉を痛めてしまったという感じ。痛み止め不要。

一応、職場に痛み止めは持っていきます。痛み止めはアセトアミノフェンの入っている市販の痛み止めです。

ワクチン接種による腫れなどは全くありません。

ワクチン接種翌日 23:04

ワクチン接種をした右肩の筋肉痛のような痛みはほぼ消えました。ここまで、何度か検温もしましたが、いつもの体温を維持しています。

ほとんど落ち着いたということで、1回目の新型コロナワクチン接種(ファイザー)の記事は終了とします。もし、何かしらの変化が起こった場合は更新します。

次回は8/22の10:00予約の新型コロナワクチン接種2回目をアップロード予定です。2回目は副反応が強い傾向にあるようですので、ちょっと心配です。

NIRAI-STYLEs サイトマップ

ご訪問、ありがとうございます。新型コロナワクチン接種、いろいろと心配な部分もあるのですが、個人的な記録を残しておきたいと思います。

人によって副反応の状態などが異なるようですので、あくまでも私の場合はこうだったという記事となります。基本はお医者さんに相談というのがベストだと思います。

世の中がコロナ禍を克服する日が必ずやってくると信じたいとおもいます。

タイトルとURLをコピーしました