八重山地方のアンガマとは?あの世の使者だった!

沖縄の生活

沖縄の八重山地方で見られる「アンガマ」、旧盆の時期に現れるあの世の使者のことです。😱😱😱

仏壇のある家々を訪問してきます。木彫りの面をつけたウシュマイ(オジー)とンミ(オバー)がお供とともに、練り歩き、三線やら太鼓やらでとてもにぎやか。ウシュマイとンミは各家庭の仏壇に手を合わせたあと、見物人の問いかけに対して、裏声で返答します。

その見物人とのやり取りがまるで珍問答店、その場は笑いで包まれるといいます。

沖縄本島にはない楽しい行事です。🤗🤗🤗

八重山そば専門店での売り場担当?

ご訪問、ありがとうございます。沖縄本島にはない離島独特の伝統行事が楽しいですね。宮古島にはパーントゥという泥だらけの何者かも存在しているようです。

NIRAI-STYLEs サイトマップ

タイトルとURLをコピーしました