自転車の種類と特徴

楽しむ自転車

自転車に乗りたいと思って、さぁいよいよ自転車屋を買おうとショップへ行く。そこで自転車の種類が多くて、何を買っていいのか分からないっていう経験があります。

自転車屋の店員に聞く前に、あらかじめ予備知識を持っていたほうが、スムーズに、後悔のない自転車選びができます。

こんな自転車がほしいの

私はなんの知識もないまま、クロスバイクを選んだのですが、これは偶然、うまくいった買い物でした。

もし、マウンテンバイクやロードバイクを買っていたとしたら、今頃はジャマな置物になっていたかもしれません。

ここでは、タイプ別で自転車の特徴を紹介したいと思います。

その自転車が自分にピッタリじゃ

①安くて手軽なママチャリ

ママチャリってよく聞く自転車なのですが、その特徴は近距離の移動に便利、カゴや荷台をつけることで、買い物にも便利だというところでしょう。

運転する姿勢は、サドルにドカッと座り、背筋が地面に対して、ほぼ垂直。サドルも分厚いクッション性抜群なものが多く、近距離の移動に最適だと思います。

タイヤも太めのものがついているので、多少の段差なんて関係なく走破してしまうという印象です。

値段も1~2万円前後で購入可能できるので、使い方によってはかなりコスパがいいのかもしれません。

ただ、車体はかなり重く、快適にロングライドをするには不便だろうなと思います。

ロードバイクの集団、速い!

②マニアックなロードバイク

ママチャリの反対側にあるイメージのロードバイクは、自転車のレース等で使われる、あのハンドルが前方から後方にかけてクネっとしている自転車です。

新車購入時には、スタンドやベル、ライトなどは付属せず、あくまでもレーシーな使い方が想定されているようです。

車体はかなり軽く、アルミやカーボンが使われていることが多いと感じます。スピードを出す運転をするための自転車って感じです。

値段は、かなり幅広く、カーボンフレームになると、数十万円もざらにあります。中には7ケタの金額を目にすることさえあります。

タイヤはかなり細く、700cの23や25というタイプで、地面との摩擦をできるだけ減らし、さらに車体を軽くすることを目標にしているのでしょう。

タイヤが細い分、空気圧の調整はシビア、乗車前のタイヤ空気管理は当たり前です。

タイヤの空気が少なくなると、細いタイヤはパンクしやすくなります。とくに、段差などでは、その衝撃で中のチューブが、リムに挟まってしまいます。

いわゆるリムうちというパンクを引き起こしてしまうのです。

長距離を高速で、快適に楽しむための自転車といえるでしょう。

どんな悪路も軽々!そんなとこ走る?

③タイヤがごっついマウンテンバイク

山道などの舗装されていない道を走破する目的の自転車です。前輪を支えるフロントフォークにサスペンションがついています。

タイヤもかなり太く、ゴツゴツしたタイヤが特徴ともいえます。

多少の段差であれば、気にすることなく乗り越えられる装備が、その力強さをアピールします。

街乗りの普段乗りでも使えますが、丈夫なつくりから、重量は重いイメージです。ロングライドというよりは、段差の多い近距離や中距離用の自転車という感じです。

値段は衝撃に強くするためのサスペンションなどがついているため、ママチャリより高め、ロードバイクまではいかないという印象。それでも、10万円前後かなという印象です。 

街乗りに便利、扱いやすいわ

④オールマイティなクロスバイク

ロードバイク、マウンテンバイクの中間という位置づけと感じるのが、クロスバイクです。

タイヤはロードバイクより太めですが、マウンテンバイクほどではない。私が新車購入したとき、700c28というタイヤがついていました。

折りたたみ式のミニベロというタイヤの直径が小さい自転車を持っていたのですが、それよりもかなり細くて、ビックリした記憶があります。

それでも、ロードバイクに比べると太めですが、段差を軽々と乗り越えられるタイヤではないというのが正直な感想です。

乗り方が下手っぴだというのが大きな原因なのですが、クロスバイクでパンクを経験しています。

値段は5~10万円が相場と感じます。

個人的には、タイヤの空気圧調整さえしていれば、クロスバイクがさまざまな用途で活用できると感じます。

30kmくらいのサイクリングは余裕、ママチャリからの乗り換えの場合、そのスピード感に驚く人も多いと聞いています。

コンパクトなミニベロからの乗り換えでも、感動でした。

これがミニベロ、クロスバイクがより乗りやすい気がします、折りたたみ式で持ち運びにはミニベロがいいね

ロードバイクやマウンテンバイク、クロスバイクなどの値段は、ネットショップデミルと半額以下で売り出されていることがあります。

もちろん、有名メーカーの自転車ではないことがほとんど。そのような自転車をルック車とよぶ人もいるようです。

近距離で、本格的にサイクリングをするのでなければ、普通に乗れる自転車だと思います。

でも、中にはマウンテンバイクであるはずなのに、段差の乗り越えを禁じている不思議な自転車もありますので、よく調べてから購入したほうがいいですね。

マウンテンバイクなのに、段差がダメって…

ご訪問、ありがとうございます。クロスバイクを購入して正解だったと思いつつ、なんの情報もなしに勢いで自転車を購入すると、後悔してしまうこともあるんだなと実感しています。

使い方に応じた、自分にあう自転車と出会えるとイイですね。

NIRAI-STYLEs 自転車のタイヤサイズの見方

NIRAI-STYLEs 自転車のタイヤバルブの種類と特徴

NIRAI-STYLEs 自転車選びのポイントで大切な素材の特徴

NIRAI-STYLEs サイトマップ

タイトルとURLをコピーしました