手のしびれや痛みにグリップ交換が効果大

カスタマイズ

サドルを交換して、さらに高い位置に調整する自転車のカスタマイズでお尻の痛みはだいぶ軽減されました。

快適にサイクリングを楽しめる!

と思いきや新たな問題が生じてきました。

新たな問題が出てきたんよォ

サドルのカスタマイズは、クッション性を高め、前傾姿勢になることで、体重をサドルからペダルやハンドルに分散させて、お尻の痛みを軽減させます。

自転車を運転する前傾姿勢もカッコええ!

ところが、30km近く乗っていると手がしびれる。このしびれは、運転に支障が出てしまうほど。

さらに、そのうち手首まで痛くなってしまいました。自転車って深いと感じつつ、その原因を考えてみました。

手首が痛いんよねェ

理由は簡単です。そう、体重をハンドルにかけての乗車姿勢、その姿勢で手首がかなり曲がった状態で長い時間運転したためのしびれと痛みでした。

だからといって、サドルをもとに戻すことはできません。戻すとお尻の痛みが戻ってくるということ…

そこで、あらたな自転車カスタマイズとして、グリップ交換を試しました。

握りやすさって大事

まっすぐな固いグリップを、エルゴノミックでバーエンドがついている、クッション性の高いタイプに交換したい!

あいかわらず、わがままな要求ですが、その条件を満たすグリップを探し続けました。

ちなみにエルゴノミックというのは、人間工学にもとづいて、無理なく効率的に使用できる工業デザインのことです。

カッコええ!

さらに自転車の色にあわせて、交換するグリップの色も白を基調としたタイプがいい…

ググることが基本、目的は達成できるよねェ

こんな要求を全て満たすグリップ、ありました。さすがに近所の自転車屋、ホームセンターなどでは品揃えが少ないので、目的のグリップは探せませんでした。

ネットショップまわりをしてついに発見したのです。

ついにすべての希望がかなうグリップを発見

自転車のグリップ交換は簡単です。

焼き鳥などでつがわれる竹串を100均やスーパーで購入し、その竹串を2本、グリップを握ったときに親指側になる、ハンドルパイプとグリップの間にねじ込んでいきます。

竹串が折れないように、ていねいにグリグリと差し込んでいきます。

2本の竹串は、5mm程度離します。

その竹串の間に、パーツクリーナーの細長い管を使って噴射。

グリップを軽く握って前後にねじり続けます。そして、また、パーツクリーナーと続けると、数分でグリップを外せました。

簡単だぜ、やさしくグリグリっとな

グリップの外し方のコツとしては、力づくで外そうとすると、強く握ってしまい、より外れにくくなるので、やさしく前後に動かしながら、外側に移動させる感じです。

面倒だと感じるのであれば、カッターなどでグリップを切ってしまうのもありでしょう。ただ、そのグリップはもう使えません。

私はまた、もとのグリップに戻す可能性を感じていましたので、パーツクリーナーで外しました。

そのうち、長すぎるハンドルを使いやすい長さにカットしてみたいので、そのときのために、もとのグリップに戻すかもしれないのです。

グリップをエルゴノミック、クッション性高め、バーエンド付に変えて、手のしびれや手首の痛みはかなり軽減されました。

サイクリング中にグリップを握り変えられるって楽!

エルゴのデザインやクッション性もいいのですが、バーエンドがついたことにより、運転中のハンドルの握り方を変えられます。血流が良くなる感じがいいのです。

写真の自転車エルゴグリップ詳細はこちら

お尻の痛みと手首のしびれや痛み、自転車を楽しむためには改善したいところですね。

こんなに簡単に手首や手のしびれを改善できたので、大満足です。

ご訪問、ありがとうございます。ハンドルグリップの交換は、思ったより簡単です。好みのタイプで、気軽にデザインを変えたり、手のしびれや痛みなどを軽減させたりという自転車カスタマイズ、オススメです。

NIRAI-STYLEs サイトマップ

タイトルとURLをコピーしました