電子レンジで餅づくりがかんたんにできる沖縄オバーの裏ワザ!

沖縄の生活

沖縄の行事で使われる餅

沖縄ではお正月、お彼岸、シーミー(清明祭)、旧盆(旧暦でおこなうお盆)など仏壇に料理をお供えする機会があります。

お供えするものの1つにお餅がありますが、実家のオバーは手作りをします。

臼と杵を使って、餅をつく?!

その作る様子を写真や動画で撮影しようと思い、実家に行きました。そこでオバーは一言、「臼と杵なんて時代おくれだねェ」

臼と杵…餅つき…😭😭😭

電子レンジでの餅づくり

電子レンジでの餅づくり材料

スーパーなどでかんたんに手に入る材料のみです。家庭でできたてのやわらかいお餅を食べられます。

市販のもち粉500g、水900g、市販のあんこ適量、砂糖適量、電子レンジで使える容器(耐熱ボウル)

熊本県産のもち粉

耐熱ボウル

電子レンジでの餅づくり方法

レンチン、便利!

①市販のもち粉500g、水900gを電子レンジで使える容器に入れ、ダマができないようによく混ぜます。

②電子レンジで600w15分温めます。終わったらいったん電子レンジから容器を出し、よくかきまぜて、さらに電子レンジで5分温めます。

③できた熱々の餅の中にアンコを好みの量を入れつつ、片栗粉をまぶしながら、直径5〜6cmくらいに丸めていきます。これは一番大変で、熱い!冷めてしまうと形づくれないようです。

電子レンジでつくるかんたん餅づくり、やわらかくて美味しい!
手の出演、私の母です。できたての熱い餅、私は持てませんでした。鍛えられてますねェ😲😲😲

この材料の量で直径5〜6cmのお餅18個ほど作れます。

電子レンジでの餅づくり まとめ

餅づくりをするということで、実家に飛んでいったのですが、残念ながら餅つきではありませんでした。😭😭😭

まあ、かんたんに楽しく餅づくりができるので、お家時間を楽しく美味しく過ごせるかもしれませんね。あんこ以外にもきなこを使うなど、工夫次第では新しいわが家餅を生み出すなんて楽しみ方もありですね。🤗🤗🤗

あっ、雪見だいふく作れないかなァ…🤔🤔🤔

NIRAI-STYLEs サイトマップ

ご訪問、ありがとうございます。行事などのために餅を家庭の電子レンジを使ってつくるって面倒な気もします。スーパーだけではなく、コンビニなどでもあんこの入ったお餅は売られています。

ただ、できたてのお餅ってやわらかくてメッチャ美味しいです。しかも、つくる喜びもあるので、休みの日にお家時間を楽しめますね。

タイトルとURLをコピーしました