そば処くんち 濃厚なスープと三味線オジちゃん

沖縄美味生活

そば処くんちのメニュー

ゆいレール首里駅を降りてすぐそばにある、そば処くんちに行ってきました。車に乗っていると首里駅のエスカレーターに隠れぎみであまり目立たないたたずまいです。

沖縄そば専門店らしいシンプルなメニュー

店内に入るとすぐ左側に食券の券売機があります。シンプルなならびなので、緊張することなくメニューをプッシュ!沖縄そばが600円、なんとソーキそばが650円でリーズナブルです。

ここはお腹も空いていることなので、くんちそばをたのみました。

沖縄の食堂であまり目にすることのない豆腐楊(とうふよう)まであります。豆腐楊は琉球王朝時代に高貴な人々のあいだで、病後などの滋養食などとして食べられていたようですが、現代では泡盛のつまみとして食べられるようです。

豆腐、泡盛を材料にして発酵させたものらしいのですが、私は食べたことがありません。そば処くんちでは、200円で味わうことができるので、いつかチャレンジしてみますね。

注文した料理とその味わい

くんちそば ソーキ、軟骨ソーキ、三枚肉!

くんちそばを注文して、5分くらいで持ってきてくれました。沖縄そばって頼んでから出てくるまでが早いので、空腹時にはとても助かります。

島どうふの冷奴、大根の漬物がついています。上品な感じの沖縄そばは透明なスープが多いのですが、そば処くんちのスープは透明ではありません。麺はストレートでやや細麺。トッピングは骨付きのソーキ、軟骨ソーキ、三枚肉、かまぼこ、青ネギです。テーブルにある紅しょうがをのっけて、さぁ、食べましょう。

美味い!

上品な感じではないのですが、スープはかなり濃厚な味わい。オジちゃんに聞いてみると、豚骨の出汁骨と鶏ガラを合わせてスープを作るそうです。あっさりした味わいが好きな人にとっては、ちょっと濃いと感じるかもしれません。

私は濃いめの味付けが好きなのでかなり気に入りました。リーズナブルなのもイイですね。

麺は縮れ中太麺でコシのあるほうが好きなので、物足りなさを感じました。ストレートのやや細い麺で柔らかめです。

三枚肉、骨付きソーキ、軟骨ソーキはレベルが高く、しっかりと濃いめの味付けで、お肉の形はしっかりしているのにホロホロとくずれる感じ。これは美味いです。

口直しの島どうふの冷奴、漬物もウレシイです。

食べ終わって、麺やスープ、トッピングのバランスがよく、あー、沖縄そばを食べたーと満足してしまいました。

そば処くんち、沖縄そばが美味い三味線オジちゃんの店

そば処くんち お店の雰囲気

オジちゃん、三味線をおもむろに弾き始める

こじんまりとした沖縄そばのお店ですが、表から見るより広いかなという印象。上の沖縄そばの写真、向こう側に座っているのが、オジちゃんです。

沖縄そばを出したあと、おもむろに三味線を弾き出しました。控えめな音量で弾いてくれますので、イイ感じです。

ただ、私がお店から出たあとは、かなりの大きな音で三味線を弾いているようで、外まで聞こえてきました。三味線が大好きなんでしょうね。

お店の中も小ぎれいにされており、好ましい店作りだと思いました。

席数はテーブル16席、座敷8席数くらいです。お店を向いて左側に飲み物の自動販売機が並んでいるのですが、そのとなりに駐車場がありました。5台ほどとめられそうな広さです。

そば処くんち、店内の様子

首里地区の沖縄そば屋さんは15:00や16:00に閉店する店が多いです。そば処くんちは11:00〜20:00の営業なので助かります。定休日は月曜日となっているようです。コロナ禍で営業時間などに変更がないかどうかを確認したほうがイイですね。

そば処 くんち 場所と総評

首里駅を降りてすぐのそば処くんち

地元の人が食べる沖縄そばという感じです。決して上品な感じではないのですが、美味しい沖縄そばを食べられるお店、のんびりとした空気感のお店です。

ストレートの細麺ですが、気に入りました。オジちゃん、また、三味線を聴かせてなぁ〜。

そば処くんち 所在地

Google マップ

NIRAI-STYLEs サイトマップ

ご訪問、ありがとうございます。あまり目立たないのですが、個人的には大好きなスープの味です。豚骨の出汁骨、鶏ガラのバランスに魅力を感じました。また、ぜひ、沖縄そばとオジちゃんに会いたいと思います。

くわっちーさびたん!

タイトルとURLをコピーしました