防災グッズを準備してわかった防災セットの必要性

管理人のツイート

地震や台風での防災対策

東北大震災、線状降水帯による豪雨と土砂災害、巨大台風などの自然の驚異にさらされることが多くなっている気がします。沖縄では台風による被害を受けやすいのですが、今後、気候変動による大きな自然災害も起こる可能性は否定できません。

台風や豪雨の被害

温暖化は台風の大型化につながります

熊本での豪雨による被害は、人々を苦しめました。広島でも土砂災害による大きな被害もありました。でも、時間がたつとその自然の脅威を忘れがちになってしまいます。

豪雨で気を付けなければならないこと、それは家屋の浸水被害だけではありません。近くに河川がある場合、下流域では河川の氾濫が起こりえます。道路や通行帯が水没し、避難できなくなることもあります。氾濫のレベルによっては、家屋自体が流されてしまう可能性もあるのです。

道路に水が氾濫すると、側溝のフタが浮いてしまうことがあります。その状況が見えませんので、道路の端を歩いていると危険です。大きな側溝だと、小さな子どもが流されてしまうことさえあるのです。

豪雨による地盤のゆるみによって大規模な土砂災害が起こると、住んでいる建物が土砂にのみこまれることもおこります。

温暖化が進む現在、赤道近辺で発生した台風が、あたたかくなった気候で海水面での水蒸気を多く含んだ上昇気流により、今までにない規模になることも考えられます。豪雨災害に加えて、暴風の影響もありますのでさらなる被害も起こるでしょう。

台風の規模にもよりますが浸水や土砂災害、家屋倒壊などが広範囲で見られる状況も想定されます。電線へさまざまなものが引っかかることによる長時間の停電も考えられます。

地震の被害

避難すべきタイミングが重要

阪神淡路大震災、東日本大震災で地震、その影響による津波の恐ろしさを映像でご覧になった方も多いと思います。そのような地震が起こったあとは、被災の悲しみとともに防災意識が高まります。

ただ、時間とともにその意識は薄れていきます。被災した地域では防災に対する準備をしっかり行っているはずなのですが、被災地から離れた場所では防災意識が時間とともに薄れてしまいます。

地震は限られた地域のみで起こるわけではありません。環太平洋造山帯という太平洋を取り巻くような地域に日本全体は含まれています。明日どころか、数時間後にも巨大地震が起こる可能性もあるのです。

東日本大震災から10年立った頃に、震度6の地震が東北地方におきました。それは東日本大震災の余震とされ、さらにそれから10年は、同規模かそれ以上の余震が起こるという見解もあります。

南海トラフ巨大地震が起こる可能性もかなり高まっているといわれています。大きな地震によって、食事の準備を行っている時間帯であれば火災、揺れや津波による家屋倒壊、送電線が倒れてしまうことによる停電、水道管の損傷による断水…。

かなり生活に問題が起こることになります。何も準備していなかったとしたら、その問題を解決できずに救助を待つしかないのかもしれません。果たして、そのような状況で救助の手が回るのかどうか…。

大きな揺れによって、ドアや窓枠にゆがみが生じて開かなくなるなど、予想外の被害も想定しなければなりません。

防災グッズを準備してわかったこと

夜の大停電は暗闇となりやすい

台風の多い沖縄、停電が起こると照明の問題が起こります。ロウソクは火災の危険性があるため、電池を使うLEDのライトをいくつか準備しています。懐中電灯タイプ、ランタンタイプなど5つほど常備しています。夜間の被災では、明るさがないと、状況把握が難しくなるという理由。

さらに我が家の玄関には、淡水の熱帯魚水槽があります。

地震の揺れで水槽が割れてしまった場合、裸足で玄関から出ることは不可能です。割れたガラスの上を歩くと、その後の避難が足裏の怪我でできなくなります。普段は使わないのですが、玄関から離れた場所に部屋履き用のサンダルを準備しています。

沖縄では風呂桶があったとしても冬でもシャワーという家庭が多いです。この風呂桶も台風などの際は、水をはっておきます。停電でモーターが動かずタンクの水が貯められないなどの断水が起こった場合、トイレを流せなくなることへの準備をしておくのです。何もおこらなければ、洗濯などに使えます。

飲料水や保存食も消費期限をチェックしながら保管しています。台風であれば、その予報などをみながら動けますが、地震ではすぐに対応ができません。

避難せざるを得ないとき、救助がすぐに来てくれなくてもしばらくは生活できる準備も大切です。

準備したほうがいい防災グッズ

普段からできる準備として、避難経路の確認は大切です。また、家族がバラバラの状態で被災したときの話し合いもしています。まずは、自分自身の安全をそれぞれが確保し、落ち着いたら、安全な地域指定の避難場所へ行くことを決めています。

他にもわが家では次のような防災グッズを準備しています。

ソーラー充電器

ポータブルソーラー充電器、ライトもついてます

自然災害で重宝するのはスマホだと思います。連絡手段、救助依頼、情報収集、懐中電灯がわりのライトなどなど、かなり使える防災グッズです。

そのスマホも充電切れになってしまうと全く役に立ちません。停電がおきやすい自然災害では、ソーラー充電器はかなり役に立つはずです。

写真のポータブルソーラー充電器の詳細はこちら

曇りのときにも充電してくれる様子を動画にしてみました。

曇りでもソーラー充電器が充電してくれる様子、便利だわ!
この程度の曇りでは問題なし!

ただし、効率的にソーラー充電できること、充電容量が大きいものでなければ、効果的に充電はできません。

防災セット

自宅で被災した場合や避難の際、重要なのはすぐに持ち出せるような状態になっているかどうかです。いろいろと準備していても、避難が必要なレベルでは、棚が倒れたりして防災グッズをまとめることかできなくなる可能性があります。

すぐに持ち出せるようにまとまって、しかも持ちやすい形状がポイントです。紙袋なんて論外。濡れて底が破れてしまい、全く役に立ちません。

地震や台風での防災シミュレーション

何が起こりうるのか?停電、断水、室内の棚などが倒れる、ガラスの破片…イメージをしながら、何が必要なのかを考えておくことが大切だと思います。

実際に被災して殻では遅いのです。自分自身と家族を守る準備をしておくことが、防災の大きなポイントです。誰かが救助してくれることを期待したいものですが、救助する側も被災しているかもしれません。

防災セットで注目されているLA・PITA

東日本大震災から10年間たったころに、震度6近くの余震が起こりました。急激に防災セットの検索、購入が増え、売り切れが続出しているようです。防災セットで定評のあるLA・PITAの詳細を見て、自分の準備で足りないところがわかりました。

テレビの特集では、大きな地震のあとに検索数がかなり大きくなり、売り切れることさえあるようです。

LA・PITA SHELTERシリーズ

売り切れ続出のシリーズです。詳細を見ると、防災グッズでそろえるべきものがわかります。下記はLA・PITA直営店です。中身を見ると、防災で必要なものが見えてきます。

リュックにはゆとりがありますので、ソーラー充電器を入れることもできます。緊急事態になる前に、最低限、持ち出す必要があるものを考えておくことが大切ですね。

amazonでも紹介されていました!

LA・PITA MONOSUGOIシリーズ

売れ筋のSHELTERシリーズとともに、防災グッズがまとまっているタイプです。なるほどと考えさせられます。

防災セットまとめ

台風や豪雨はある程度の予報があるため、落ちついて防災)避難の準備ができます。ところが、地震については予測が難しいところと、揺れや倒壊などによってパニックになりがちです。

やはり、防災意識を高めること、防災グッズを準備しておくことがとても大切だと思います。ただ、パニックになってその防災セットを持ち出せないとなると意味がありません。落ちついて行動するとともに、前もってシミュレーションしておくことが大きな被害とならないポイントです。

NIRAI-STYLEs サイトマップ

ご訪問、ありがとうございます。自然災害はないほうがいいのですが、人間側の意図で避けることはできません。気候変動などさまざまな問題がある中で、自然災害を恐れるだけではなく、できる準備をしておくことが自分自身や家族を守ることにつながります。

備えあれば憂いなし。

nirai
nirai

冬場になると出先で車が雪、ホワイトアウトなどで立ち往生することもあります。天候が悪化するときは車の中に持ち込んでおいてもいいかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました