麺や和楽 中華そばがこってり風あっさりで美味い!

沖縄美味生活

麺や和楽のメニュー

自転車ではなくバイクで浦添市宮城の麺や和楽に行ってきました。消費カロリーより早く食べたいという体の奥底からわきあがる情熱に負けてしまいました。

シンプルな中華そばメニュー

麺や和楽のメニューはとてもシンプルです。中華そば、肉中華そば、潮騒。それぞれ大と並があり、今回は初めての訪問ですので、お店の命とも言えるスープを一番良く味わえる中華そばを注文しました。

自転車に乗ってきていないにもかかわらず、大!

食べたあとにフィットネスでカロリー消費をすればいいのです。まあ、この記事を仕上げてからということで…。

メニューの裏にある薬味、和楽飯について

シンプルなメニューの裏には、ご飯を注文したときに、自分で作ることができるように、作り方がかかれています。また、薬味などものっていて、味にバリエーションをつけることもできます。

メニューの手作り感がかわいい感じで、イイですね。

一味ニンニクやニラ薬味が気になりますが、初めての注文では何も入れずに食べてみます。最後まで作られたままの麺とスープを味わうことが個人的にはスキなのです。薬味は次回のお楽しみにしておきます。

注文した料理とその味わい

背脂がかなりの濃厚さとこってり感を感じさせます。豚バラ肉も美味そうなのですが、この九条ねぎの色合いがかなり食欲をそそります。

豚バラ肉、九条ねぎ、背脂がこってりっぽいのですが…

さあ、スープを一口。衝撃が走ります。コッテコテの背脂と思いきや、その背脂のすぐ下に透明なスープ。鶏ガラしょうゆ系とメニューに書かれていたのですが、あっさりしています。

美味い!

かなり濃い味が好みなのですが、麺や和楽のスープはあっさりながらもコクがあります。鶏ガラとしょうゆのバランスがとても良く、そこに背脂が入ってさらに味の奥行きを生み出しているのかもしれません。

さらにスープを飲んでいくと、メニューにあった特製旨辛薬味のピリ辛感が出てきます。辛いものが苦手な人は、注文時に旨辛薬味を少なめにしてもらったほうがイイですね。このピリ辛の刺激がさらにスープを美味しくしてくれるので、なしにするのはもったいないと感じます。

麺は細麺ストレート。麺もツルツルっとのどごしがよく、スープとの相性が抜群です。

豚バラ肉も柔らかく、あっさり目に味付けされていて、スープの風味をくずしません。スープ、麺、豚バラ肉の美味しさに加えて、京都の九条ねぎが味をひきしめてくれます。

値段設定もリーズナブルで、この味わいに対しては満足度が高くなります。背脂ガッツリでコテコテのスープが好みの人にとっては物足りないかもしれませんが、上品な中にもしっかりとコクがある麺や和楽のファンは多いだろうなというのが実感です。

麺や和楽 お店の雰囲気

こじんまりとした店構えで、カウンターとテーブル2卓、あとはカウンターの後ろに順番待ち用の椅子がありました。私はお昼前の11:30頃に行きましたが、すでに順番待ち椅子で5〜6名の人が並んでいました。

和楽の店構え

中華そばや沖縄そばなどでは、順番待ちといってもそれほど長時間待たされることはあまりないと思います。さっと食べられるので、お客さんの回転が早いのです。

お店に入ると店主らしきおっちゃんと京都弁のオバちゃん、若いお姉チャンで切り盛りしています。

職人っぽいイメージが強いオジちゃんは、眼光鋭くて麺やスープにて真剣な眼差し…ちょっと怖いような気がしないでもない…。

オバちゃんとお姉チャンがこの店のイメージを明るく、楽しくさせてくれています。京都弁の柔らかい言葉が心地よい。

京都の九条ねぎが美味い

入り口に中華そば専門店、九条ねぎは京都から直送という看板が目に入りました。青ネギといえば京都の九条ねぎは有名で、青ネギの王様なんて呼ばれることもあります。

九条ねぎは収穫する時期によってその味に特徴があります。春に収穫された九条ねぎは辛みが少ないやわらかい味が特徴です。夏に収穫された九条ねぎはキリっとした辛みと刺激のある味になる傾向があります。冬の1~2月頃に収穫される九条ねぎは葉が厚く、甘味を楽しめる味わいとなるようです。

営業時間と定休日

営業時間は平日には昼の部と夜の部にわかれています。コロナ禍での緊急事態宣言によって、20時までの時短営業を行っているようです。駐車場は8台とめることができます。

麺や和楽 場所と総評

ネット上に上がっている写真や私が今回撮影した写真や動画では、かなりのこってり感が強いイメージですが、コクのあるあっさり味といえます。

背脂の下に透明な鶏ガラスープがかくれています。スープや麺、豚バラ肉のバランスの良さを引き立たせてくれる九条ねぎ、中華そばってこんなに美味しいものだったんですね。

沖縄で美味しい中華そばを提供してくれる。麺や和楽はオススメです。

麺や和楽の所在地

麺や 和楽 · 〒901-2126 沖縄県浦添市宮城3丁目15−2
★★★★☆ · ラーメン屋

NIRAI-STYLEs サイトマップ

ご訪問、ありがとうございます。中華そばというジャンルを初めて食べたのですが、とても美味しくいただけました。沖縄そばやラーメンなど麺類ばっかり食べているような気がしますが、まあ、美味しければよしということにしておきます。

NIRAI-STYLEsで美味しいものをどんどん紹介できる様に楽しんで食べまくるぞォ!

タイトルとURLをコピーしました