カンファスイ わが家の除菌方法

新型コロナ関連

カンファスイを使い始めた理由

世の中がコロナ禍でさまざまな制約の中で生活しなければならない現状、マスクの着用やアルコール除菌、ソーシャルディスタンスが当たり前となってきています。

一時期はマスク不足、アルコール不足におちいる事態もありました。政府が配布するアベノマスクなんてのもありましたね。最近では、マスクもウレタンや布の素材よりも不織布のほうが効果的だという流れが出てきています。

わが家では消毒用アルコールに加え、カンファスイを使い始めました。使い始めた理由は、私の職場で使っているのですが、もしかしてカンファスイ効果?という実感があったからです。

人が集まる機会の多い職場なのですが、机やイスはもちろんのこと、ドアや窓、冷蔵庫、電子レンジなど、人が触れる可能性がある場所をカンファスイを染み込ませたペーパータオルでふき取ります。それを始めてから、風邪やインフルエンザで欠席する顧客が減る傾向を感じたのです。

さらにカビの発生を抑え、消臭効果も感じられたため、自宅でも導入しようと考えたのです。

感染予防、感染対策が大切

カンファスイとは

職場でカンファスイが導入されたとき、除菌アルコールにかえて新たに使い始める除菌剤なんだろうくらいの理解でした。職場の本部から、カンファスイの説明もありましたが、その使い方しか聞いていなかったというのが本音です。その後、効果を感じたためいろいろと調べてみたのです。

カンファスイ 成分

カンファスイは次亜塩素酸ナトリウムという食品添加物薬剤に、同じく食品添加物の酸性剤を加えたものです。次亜塩素酸ナトリウムのみではさまざまな問題が指摘されています。次亜塩素酸ナトリウムには“脱色”“金属腐食”“変質””危険”などの問題があり、使用方法が制約されてしまいます。

次亜塩素酸ナトリウムに酸性剤を加えることによって、問題点をおさえるだけでなく、殺菌効果も上がるというメリットまで付加されます。安全性と除菌を両立できることがわかって、安心して家庭にも導入することを決めました。

さまざまなコロナ対策

カンファスイ 効果

さまざまな細菌、ウィルスの除菌や殺菌に効果があります。ノロウィルスやA型肝炎ウィルスなどはアルコールへの抵抗力が強く、普段のアルコールによる除菌では不十分ともいわれていますが、カンファスイは有機物に反応してその細胞を分解することによって除菌や殺菌をするため、アルコールよりも効果的に作用してくれるようです。

手指消毒、キッチンや調理器具、机やイスなどの除菌に期待できます。

さらに部屋の中のニオイなどの消臭にも使えます。ニオイのもとになる原因物質を分解し、元から消臭を行なえます。市販の消臭除菌剤をよく見てみると、その説明欄に安全面で気になる表記もあります。さらに消臭する方法が、ニオイの元を分解するというよりも、別の香りをかぶせてごまかす感じの商品が多いようです。

冷蔵庫、部屋の除菌と消臭、タバコのニオイにも効果があるようです。トイレの除菌、消臭はもちろん、安全性の高ささら、ペットの足の裏や寝床などにも使えて便利です。

さまざまな使い方ができます

カンファスイ 使用方法

カンファスイを利用するとき、どの程度まで薄めて使えるのかを調べてみました。

弱酸性次亜塩素酸は、食品殺菌用濃度として10ppm~60ppmの範囲と定められていますが、 弱酸性次亜塩素酸ナトリウム水溶液については、その定めはありません。 

つまりカンファスイは自由に濃度を調整できます。その自由にというのが、実は困ります。そこでオススメの薄め方を探しました。

  • 原液(200ppm)で
    • カビ退治
    • 悪臭の消臭
    • トイレの除菌消臭
    • 調理器具の除菌・消臭
    • 理美容用具の除菌
  • 4倍に薄めて(50ppm)
    • 手指の除菌洗浄
    • おしぼり・タオルの除菌・消臭
    • 室内・車内空間の除菌消臭
  • 2倍に薄めて(100ppm)
    • 生ゴミの除菌消臭
    • ペットのにおい消臭・除菌
    • 床など室内の清掃で除菌消臭
    • 食器類の除菌
  • その他
    • 切花用花瓶水(20倍に希釈)
    • 足の除菌・消臭(40℃前後の温水に15~20倍希釈)

これならわかりやすいですネ。わが家では手指消毒も消臭も3倍に薄めて使っています。

カンファスイを導入している企業

全国の食品メーカー、飲料メーカー、お弁当工場、病院、介護施設、保育園などで既に使用されている信頼と実績。 ビール工場、コンビニお弁当工場、精肉工場、介護施設、保育園、飲食店でも使われています。

キッコーマン食品(株) /アサヒビール(株) / 味の素(株) /マルハニチロ(株) / (株)ミツカンフレシア / フジッコ(株)/伊藤ハム(株) / (株)吉野家ホールディングス/タカナシ乳業(株) / (株)叙々苑 / (株)たねや / (株)米屋/(株)シャトレーゼ/ (株)あわしま堂 / (株)村上農園 /(株)神奈川県食肉センター / (株)長野県食肉公社/長野ホテル犀北館 / 大阪第一ホテル/医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 /榊原病院など

わが家で購入したカンファスイのサイズ

写真のカンファスイ、詳細はこちら

我が家でのカンファスイ利用方法

わが家では玄関にスプレーボトルをおいており、帰宅後の手指消毒を徹底しています。さらに靴の中にも除菌消臭としてさっとスプレー。ただし、アルコールと違ってすぐに乾くということがないので、あまりかけすぎないようにしたほうがいいです。

さらに食事前にテーブルを布巾でふくと思いますが、その布巾にも雑菌がついていることが多い上に、テーブル上の雑菌をテーブル全体に広げている可能性もあるのです。

食事前にテーブルにカンファスイをスプレーし、ティッシュでふき取って終了。食後も同様です。

100円ショップでスプレーボトルを購入し、2Lのカンファスイを2つ購入し、1つは実家へプレゼントしました。3倍に薄めるので、消臭や除菌として6Lは使える計算になります。

ウィルスは目に見えない分、どこにひそんでいるのかわかりません。日々のていねいな除菌が大切です。手間がかからない除菌でなければ、なかなか継続しにくいものです。

わが家では全員が過敏になりすぎることなく、ていねいな手指消毒などを習慣化できています。

ただ、一つだけ気になっているのがパソコンのキーボードやマウス。さすがにカンファスイをキーボードやマウスにスプレーすると、ショートなど電気関連の故障につながるはずです。電気まわりの除菌や殺菌を効果的に楽にする方法も考えてみます。

わが家で使っているカンファスイ、詳細はこちら

おまけ:コロナウィルスと戦える食材

なんの番組だったのか忘れてしまいましたが、コロナ対策に効果的な食材があるといいます。そんなバカな!そんなんがあるんなら、ここまで世界がコロナ禍で苦しむことはないはずだよ!と思いつつも、結構、かんたんに取り入れられる食材だったので、記載しておきます。

コロナ禍をのりきるための食材とは…

にんにく、しょうが、しいたけ、緑茶

にんにく、しょうが、しいたけ、緑茶なら、いつでも取り入れられる食材ですネ。食事を美味しく楽しむだけですので、やってみて損はないですネ。

おっ、すべて私が大好きなもの!コロナ対策になるかどうかはわかりませんが、今後もできるだ多くけ取り入れていこうと思います。

NIRAI-STYLEs サイトマップ

こ訪問、ありがとうございます。世の中のコロナ禍は落ち着くどころか、致死率の高い変異種が出てきたなどの話題もあります。それぞれが自分自身で気をつけなければなりません。

かんたんにできることを、やり続けることが何よりも大切な行動になります。集団感染防止のために密閉・密集・密接といった3密を避け、手指消毒、マスク着用の徹底をしていきましょう。

nirai
nirai

コロナ禍をみんなで乗り越えましょう!

タイトルとURLをコピーしました