海洋食堂の豆腐が絶品!ボリュームありでリピート確定!

沖縄美味生活

那覇市から自転車でサイクリングをするときのコースに海洋食堂があります。お世辞にもキレイな店ではないのですが、沖縄の食堂は、こんなところが美味い!さて、自転車でフィットネスをしているので、ガッツリいきたいものです。

海洋食堂のメニュー

沖縄の食堂らしいメニューです

ゴーヤー、豆腐チャンプルー、フーイリチャー、てびち汁、ソーキ定食…、もう、そそられますよ。定番のポーク卵焼きもありますが、これはほとんどの食堂で同じ感じの味です。食堂ごとに大きく味わいが変わるのが、沖縄そばととうふちゃんぷるーだと信じています。

早速、豆腐チャンプルーを注文しました。ところで、メニューにあるレーバーいため、おそらくレバー炒めなのでしょう、沖縄っぽさを感じてしまいます。

注文した料理とその味わい

自転車フィットネスをしているとタンパク質が欲しくなります。最近では、自転車に乗らない日が続いてもタンパク質が欲しくなるというちょっと気になる傾向にあります。肉や豆腐が美味しいと、白米もいっぱい食べてしまう…。でも、目の前の料理は、私の心をわしづかみにして離してくれません。

豆腐チャンプルー

海洋食堂の豆腐チャンプルー

うす味かと思いきや、しっかりと味付けされています。みその風味としょうゆがコラボしたような味わいに感じます。グルメの舌はあいにくもっていませんので、みそっぽい、しょうゆっぽいって感じです。それらが使われているかどうかはわかりませんが、まぁ美味い!白米がどんどんすすみます。

野菜がガッツリ入った豆腐チャンプルーのタイプではなく、豆腐が完全に主役です。豆腐すきにはたまらない一品といえます。

ご飯を100円でおかわりしてしまいました。なぜなら、写真右上のオカラがまた美味いからです。まわりのお客さんが注文しているのをみると、豆腐チャンプルーが多いような気がします。豆腐が美味い海洋食堂とインプットされました。

ただ、となりのオッチャンが食べている牛肉ピーマンも美味そうだわ!

牛肉ピーマン

豆腐チャンプルーを食べた翌日、牛肉ピーマンを食べにまた、海洋食堂へ行ってしまいました。

肉に野菜にめっちゃヘルシーと思いこむ

オッチャンの食べていた牛肉ピーマン、ぎゅーぴーと初対面!感動です。これまた、ご飯が…。しかも、今日は車で来てしまった。自転車に乗るより早く海洋食堂に到着したかったのです。愛する人に少しでも早く会いたいという経験は誰にでもあるはずです。そんな感じ…。

濃い目の味付に、ピーマンや玉ねぎがめっちゃあいます。このぎゅーぴーの味わいでは、ご飯をおかわりせざるをえないのです。愛する人が、タピオカミルクティーを飲みたいって言ったとき、タピオカが苦手でも注文したことがあるはずです。そんな感じ…。

ゆし豆腐も豆腐本来の味わいです。豆腐の海洋食堂、ぎゅーぴーの海洋食堂というイメージが固まった瞬間でした。

この迫力、ぎゅーぴーパワー

さすがに昨日、今日と食べすぎてしまいましたが、最近、消化が早くなっているため、また、次なる美味いものを探したくなるのです。車やバイクで動かず、自転車で動かなきゃと決意しようかなぁ…。

海洋食堂 お店の雰囲気

いかにも沖縄っぽい食堂です。

海洋食堂なんてネーミングなので、魚介類のメニューが多いのかと思いきや、まったく普通の食堂メニューでした。レーバーいためは気になりますが、全体としては沖縄らしい食堂といえます。店を切り盛りするオバちゃんたちが、これまた、沖縄っぽい。

活気があるというか、元気すぎるというか、まぁ、沖縄のオバちゃんという感触。メニューだけでなく、沖縄のオバちゃんも観光客にとっては刺激になるかもしれませんね。

席数は44席で、お昼時になると沖縄県民や観光客でいっぱいになって入れないこともあるかもしれません。コロナ禍以前に行った記録をもとにこの記事を書いています。観光客はそれほどいないのかもしれませんね。

駐車場は海洋食堂の前に数台、交差点から海洋食堂をすぎてちょっと行った道向かいに4台ほどが停められます。営業時間は10:00〜19:30で、日曜日が定休日です。コロナ禍では、営業時間などが変更になっている可能性もありますので、確認したほうがイイですね。

海洋食堂 場所と総評

美味しい豆腐チャンプルー、ゆし豆腐が食べたいとなったときに、ぜひ行きたい食堂です。気軽に行ける雰囲気もイイですね。料理、オバちゃんともに沖縄の日常を感じさせてくれます。観光客を目当てにした見た目だけの料理とはまったく違います。豆腐好きな人は、お試しあれ。

海洋食堂 所在地

Google マップ

NIRAI-STYLEs サイトマップ

ご訪問、ありがとうございます。自転車が好きで自転車ファンを増やしたいなとスタートしたNIRAI-STYLEsなのですが、なんだか、グルメ体験記っぽくなってきました。自転車を楽しみながら、食べるのも楽しむサイトになっていくのでしょうか…。みなさん、見捨てないでね〜。

タイトルとURLをコピーしました