自転車選びのポイントで大切な素材の特徴

楽しむ自転車

自転車を購入しようと思った場合、まずは使いみちを考えて、シティサイクル、MTB、ロードバイク、クロスバイクなどから選択します。なかにはファットバイクというタイヤが極太な自転車を選ぶ人もいるかもしれません。

どのタイプの自転車を選ぶ場合でも、その自転車の素材を知っておくとさらに自分にあった選択ができます。

自転車の素材としてよく目にするのが、クロモリやアルミ、カーボンです。はじめて自転車を購入しようと思ったとき、どれを選んでいいのかわからないという状況になります。私はなんの知識もなく、偶然出会ったワケあり自転車を衝動買いしたので、悩むことはありませんでした。

ワケありではあったものの、本体がアルミでフォークがスチールという説明を見て、おっサビにくい上に軽いだろうくらいの意識はありました。もちろん、フォークがスチールというところでサビやすいかもというイメージでしたが、本体がアルミということで妥協した記憶があります。

一緒に移動し、経験を共有する自転車

実際に自転車をも購入し、何度もサイクリングやポタリングを楽しむうちに自転車の素材が気になり出しました。せっかく出会った今の自転車を大事にしていくつもりなのですが、自転車のことをもっと知りたい。

そこで素材の特徴を見てみましょう。

クロモリ:スチールにクロムやモリブデンという物質を混ぜて作られた素材です。そのクロモリの特徴はアルミやカーボンといった素材より重いです。ただ、クロモリで作られたフレームは衝撃吸収力が高いというメリットがあります。フレームが頑丈なため、街乗りでよくある段差にもそれほど気を使うことはないようです。

アルミ:クロモリよりも軽い素材で、頑丈な素材といえます。アルミの大きな特徴としては比較的サビに強いところです。沖縄で自転車を楽しもうと思った場合、雨や台風によって海風による塩分がサビを発生させることを考えたほうがいいでしょう。また、自転車をアパートの3Fまで運ぶ必要があるという個人的な理由で、軽いというのもメリットです。

カーボン:クロモリアルミよりも軽く、サビを心配することもない素材です。そのメリットがかなり大きく、その軽さで走行性能も高くなります。当然、カーボンの素材を使った自転車はかなり高価です。自転車が好きな人にとってあこがれの存在といえるでしょう。私の125cc原付きバイクの新車価格より高い自転車もあるレベルです。

原付き125ccより高い自転車があるんです

私の自転車ライフは、フィットネスやダイエットというスタンスなのですが、ハードにストイックにという感じではありません。ただ、サビが大嫌いで、保管場所がアパートので3Fなので、アルミで良かったとつくづく思います。

30kmほどサイクリングをしたあと、自転車をかついで階段をのぼるのに、結構、フラフラになることがあります。本格的に自転車ライフをおくっている人々にとって、30kmなんて短いレベルだと思います。私もいつかは100kmチャレンジをしてみたいのです。

う〜ん!カーボン…魅力が大きいッス。でも今のアルミ素材自転車にも不満はありません。浮気をせず目の前の自転車を大切にしていこうと思います。

もし、カーボンのクロスバイクでワケありなんて出会いがあったとしたら…。う〜、みなさんならどうしますか?

ご訪問、ありがとうございます。勢いで自転車を購入してから、さまざまな自転車の特徴を学びました。順番が逆だったような気もしますが、勢いも大切かも。自分の相棒になった自転車は素材やタイプをこえて大好きになってしまいます。これが自転車愛なのかもしれない。

NIRAI-STYLEs 自転車のタイヤサイズの見方

NIRAI-STYLEs 自転車のタイヤバルブの種類と特徴

NIRAI-STYLEs サイトマップ

タイトルとURLをコピーしました