ブレーキランプにもなる自転車の尾灯がスマート

カスタマイズ

バイクに乗りなれているとブレーキ時に、ブレーキランプがつくのは当たり前です。自転車でもブレーキランプがあれば、ちょっとした安心感につながります。原則として車道を走ることになっている自転車で走行中、後ろの車にブレーキをして減速しているということを知らせるだけでも、接触事故の可能性を低くすることができそうです。

そこで自転車につけるライトについて調べてみました。

自転車では白か薄い黄色のフロントライトをつけなければなりません。以前、赤の点滅ライトをフロントライトとして使っているのを見たのですが、完全にアウトです。車やバイクの運転者は、自分と進行方向が同じ自転車が前方を走っているように見えます。

ところがその自転車が自分に向かって走ってくるため、正面衝突の可能性さえあるわけです。

私は原付きバイクに乗っているため、車道の左側を走行することが多いため、赤のライトをつけた自転車が自分に向かって走ってくると考えただけで、ゾッとします。

自転車に取り付ける赤のライトは尾灯にしかつけられません。フロントライトのオススメは別のページで紹介していますので、気になる方は参考にしてみてください。

NIRAI-STYLEs 自転車用フロントライトを買う理由

自転車の後ろには赤のリフレクター(反射板)をつけることが法律で定められています。前に紹介したフロントライトに赤の小さなライトが付属していたため、実際に取り付けて試してみたところ、リフレクターよりも当然目立ちますので安心感が高まります。

さらに自転車でのブレーキに反応して点滅してくれる尾灯はないかと探してみました。こんなのがあればいいなと思ったものがすでに売られているのが、ネットショップのすごいところです。

取付完了のブレーキランプ付尾灯

写真のブレーキランプ機能付き尾灯の詳細はこちら

この尾灯はUSBで充電して、サドルポストなどに取り付けたソケットにはめ込むだけで簡単です。自転車から離れるときにはソケットからすぐに外せますので、リュックサックに入れておけばいいわけです。

赤色ライトのモードも、速い点滅、ジワッと光ってジワッと消える点滅、常時点灯、OFFとモードが選べます。状況に応じてモードを切り替えられる上に、求めていたブレーキランプ機能がついているのです。

上記のモードのとき、ブレーキをすると明るく点灯

特別な配線などもまったくいりません。充電したらソケットにセット。スイッチを入れたらモードを選んで終了。ブレーキをしたときに点滅して、今まで選んでいたモードと異なる状態になりますので、後ろのバイクや自動車、一緒に走っている自転車へブレーキをして減速する合図をかってにしてくれるわけです。

しかもOFFの状態でも、リフレクターとして使える加工がされていますので、夜間の走行が少ない人にとっても便利なアイテムです。

私の自転車では基本的に夜は走りません。めっちゃ明るいフロントライトやブレーキランプつきの尾灯も取り付けていますので、ほとんど使うことがないのですが、サイクリングからの帰りが夕方になり、暗くなり始めることがあります。

そのようなとき、フロントライトや機能の高い尾灯があると気持ちにゆとりが出ます。暗くなるとライトがない場合、焦りが出てしまいますので、危ないですね。

後ろの上がったサドルにフィットしました

サドルポストに取り付けるのもいいのですが、サドル下のレールに付属のソケットを取り付けるといい感じです。必要のないときは目立たず、暗くなると安全性を高められるというイメージで取り付けました。

ご訪問、ありがとうございます。リフレクターより尾灯をつけたほうがいいと感じる方にとって、満足のいくアイテムだと思います。安全な自転車ライフとともに、カッコええというのも大事なポイントです。

NIRAI-STYLEs サイトマップ

タイトルとURLをコピーしました